病院から直接、火葬場で火葬して欲しい

24時間以内に火葬あできますかブログ

死後24時間以内の火葬は原則できません

お電話でよくあるお話として「病院から直接、火葬場に故人を搬送して火葬して欲しい」とご依頼をいただきます。

まず法律上、死後24時間以内に火葬することは禁止されておりますのですぐに火葬はできません。ただし例外として法定伝染病などの場合24時間以内の火葬する事も認められています。

代表的な法定伝染病

  • コレラ
  • 腸チフス
  • パラチフス
  • 赤痢
  • しょうこう熱
  • ジフテリア
  • ペスト
  • 日本脳炎

上記のような法定伝染病でご逝去された場合は24時間以内であっても火葬が認められています。一般的には「病院の霊安室で厳重に安置」し火葬予約・火葬許可の手続きをおこない、火葬が行える準備をしてから、故人様を病院にお迎えに上がり直接、火葬場に寝台車でご搬送し火葬をおこないます。

感染予防の観点から「火葬後にお骨になってからお葬式」を執り行うことになります。

火葬予約が必要

大阪市が運営する「大阪市営斎場」を利用して火葬を行う場合、必ず火葬予約が必要となります。インターネットでの完全予約制となり、火葬日の当日予約をお取りすることはできなくなっております。

また前日までに火葬をおこなう斎場に「火葬許可書」の提出をおこなわなければならず、病院から直接、故人を火葬場にご搬送しての火葬は極めて困難となります。

火葬許可書について詳しくはこちらから

ご提案プラン

費用を抑えてシンプルに火葬だけ行ないたい方向けの葬儀プラン

火葬だけの葬儀をお考えの方

大阪市 直葬プラン

・総額99,000円(税込)

・故人お預かり安置 48時間 無料

お問い合わせ

24時間体制でご相談・ご依頼に対応しております。お急ぎの場合はお電話下さい。

電話で問い合わせる
メールで葬儀相談する
タイトルとURLをコピーしました