追加費用は必要ですか?

火葬式プランの99,000円以外に必要な費用を詳しくご説明致します。直葬でよくある質問

最低限の追加費用として「火葬料金」が必要

弊社がご提案している火葬だけの葬儀プランは、必要なものがすべて含まれていますので最低限の追加費用として「火葬料金」だけ別途必要となります。

大阪市民の方なら「火葬料金は10,000円」になりますので、火葬プラン料金の99,000円とあわせて、総額109,000円の費用で火葬をおこなうことができます。

火葬料金が10,000円にある大阪市民とは

  • 故人が大阪市民の場合
  • 死亡届の届出人が大阪市民の場合

どちらかが大阪市民であれば「火葬料金は10,000円」になります。例えば、故人が堺市民であっても死亡届人が大阪市民なら、火葬料金は10,000円になります。

一般的に死亡届人はご家族となり「配偶者や子」が届出人になるのが基本となります。

状況に応じて追加費用となるもの

最低限の場合、109,000円の火葬費用で済みますが、状況により追加費用が必要となる場合が御座いますのでご説明致します。

まずご利用に応じて追加費用となるのもとして

  • お寺様の読経・戒名などの御布施
  • 遺影写真を作製したい
  • お骨壺の追加や変更
  • お別れ用の一輪花など

状況に応じて必ず必要となる追加費用として

  • 故人のお預かり安置が「48時間」を超える場合
  • 寝台車でのお迎えが「大阪市内」以外の場合

火葬場の混雑状況により、故人のお預かり安置時間が48時間をこえる場合が御座います。超過する場合の追加費用として「24時間で5,500円」の料金が必要となります。

また寝台車での病院等へのお迎えの際、大阪市内以外にある病院・施設へのお迎えの場合は距離におうじて追加料金が必要となりますのでお尋ね下さいませ。

見せかけの安い火葬プランにはご注意を

プラン内容に含まれるもの、距離制限があるもの、必要なものが必要回数分、プランに含まれていない格安プランをよく見かけます。

追加費用を前提に格安プランを提供しており葬儀社も少なくないのでご注意下さい。

  • 例として 直葬プラン80,000円(税別)
  • 寝台車1回分(10kmまで)
  • ドライアイス1回分
  • 安置料は別途

上記例のような場合、病院でご逝去されたときは必ず「寝台車が1回分の追加料金」が必要となり、また超過距離料金・夜間割り増し料も必要となります。火葬は2日後となると、ドライアイス1回分の追加料とご安置料が別途必要となり、最終的には高額なお支払いになるとゆうことです。

ご提案プラン

火葬する前に故人とひと目、最後のお別れができる「直葬プラン」のご紹介です。費用をかけずに火葬のみ行いたい方に最適です。

  • 葬儀なし火葬のみしたい
  • できるだけ料金を抑えたい
  • 火葬が安い葬儀社を探している
  • プラン料金 総額9.9万円(税込)

24時間 専任担当者がお電話にて対応しております。分かりやすく・丁寧に対応いたしますのでご相談下さいませ。

電話で火葬について聞いてみる
メールで葬儀について問い合わせる

タイトルとURLをコピーしました