死亡したときの口座凍結について

口座凍結についてブログ

なぜ口座凍結するのか

まず口座凍結する理由からご説明致します。

ほとんどの方が銀行や郵便局などの金融機関に口座をお持ちですよね。その口座名義人の方がご逝去された場合、故人となられた方名義の預貯金が「資産」対象となるからです。キャッシュカードの暗証番号をご存じの方でした簡単に預貯金の引き出しができることになります。特定の方が預貯金をすべて引き出すことが可能となってしまいます。

公正に遺産分割がおこなえるように口座当家とゆうものが存在しているのです。

口座凍結するタイミング

よく当家様より「銀行からお金を引き出したいので死亡届に提出を待って欲しいと」と言われる時があります。死亡届の手続きをおこなうと口座凍結すのか?口座凍結するタイミングについてご説明致します。

口座が凍結されていますタイミングは「金融機関の方が名義人の方の死亡を知った段階」で口座凍結となります。銀行の窓口などで預金を引き出す際に、死亡したことを伝えてしまうとその時点で口座凍結となります。

取引されている金融機関の方がご逝去されたことを耳にした段階とお考え下さい。金融機関の方が死亡の事実を知る方法としては

  • ご家族様から直接お聞きになった
  • 新聞に掲載される黒枠広告やお悔やみ欄
  • 葬儀の道案内などの看板

口座凍結されますと簡単にお金の引き出しや入金、口座引き落としなどもできなくなりますので、特に世帯主の方がご逝去された際には注意が必要です。

口座凍結で葬儀費用の支払いができない?

口座凍結されてしまうと簡単にお金が引き出せなくなります。正式に口座凍結解除には相続人全員の印鑑証明や必要書類などの準備が必要となり時間がかかります。

そこで葬儀費用の支払いや当面の生活費などがある程度の金額まで比較的簡単な手続きで引き出すとこが可能となりました。

「預貯金の払戻し制度」によって取引されている金融機関によって手続きに必要なものが異なりますのでお尋ね下さい。

ご提案プラン

費用を抑えてシンプルに火葬だけ行ないたい方向けの葬儀プラン

火葬だけの葬儀をお考えの方

大阪市 直葬プラン

・総額99,000円(税込)

・故人お預かり安置 48時間 無料

お問い合わせ

24時間体制でご相談・ご依頼に対応しております。お急ぎの場合はお電話下さい。

電話で問い合わせる
メールで葬儀相談する
タイトルとURLをコピーしました