歯牙鑑定(しがかんてい)とは

歯牙鑑定とはブログ

歯牙鑑定で本人確認

警察迎えの際などによく聞く「歯牙鑑定・しがかんてい」について詳しくご紹介致します。

歯牙鑑定を行うケースとして近年、増えているのが自宅などでの孤独死でお亡くなりになられた場合などで、死後経過が長いため、お顔を見て本人と判断できない場合に「歯牙鑑定」をおこなうケースが増えています。

お一人で生活をしていて、万が一の時に発見が遅れるケースが急増しています。

その故人がご本人だと判断するためにご遺体の「歯や口の中の状態」と生前、歯科治療などを受けていればカルテやレントゲン写真などで「歯形・治療痕」などを照合し本人確認をおこないます。

歯はご遺体が高度に腐敗などしていても長くそのまま残るからです。

「このご遺体は、○○様で間違いない」と判断され死体検案書が発行される流れとなります。歯牙鑑定で本人確認ができない場合は「DNA鑑定」となる場合が多いようです。

死体検案書についてはこちらからご覧下さい。

身元確認の方法

歯牙鑑定以外の一般的な本人確認の方法として下記のような方法があります。

  • 顔を見て確認
  • 身分証明書や所持品・着衣などから
  • 身体的な特徴から
  • 指紋
  • DNA型にて

最近ではDNA鑑定で本人確認する事例も少なくありません。ただし判定までの検査日数が長くなる傾向にあります。

歯牙鑑定の必要性

ご高齢者の一人暮らしも増加傾向にありますので歯牙鑑定の需要はますます増えることになると思われます。

火災や災害で多数の死者がでた場合などにも歯牙鑑定で身元確認ができた方も多くいらっしゃいます。人間の体の中でも「歯がいちばん固い」組織となるため、万が一の時に「生前・死後の歯科情報」があれば本人確認がおこなうことができるのです。

生前の歯科情報が大切になります。万が一に備えて、虫歯などがなくてもかかり付けの歯科医院を決めておくことも大切となります。

ご提案プラン

費用を抑えてシンプルに火葬だけ行ないたい方向けの葬儀プラン

火葬だけの葬儀をお考えの方

大阪市 直葬プラン

・総額99,000円(税込)

・故人お預かり安置 48時間 無料

お問い合わせ

24時間体制でご相談・ご依頼に対応しております。お急ぎの場合はお電話下さい。

電話で問い合わせる
メールで葬儀相談する
タイトルとURLをコピーしました